この商品をショッピングバッグから削除してもよろしいですか?

Cancel

OK

  1. TOP
  2. ブランドについて

デイリーライフを豊かにする上質なレザーグッズとして、本物志向の人々から熱狂的に支持されているDaniel&Bob(ダニエル&ボブ)

1960年代後半,世界的ヒッピームーブメントの中、地元フェラーラ大学に通う仲間の一人が友人宅のガレージで友人達の為に作り始めたハンドメイドのベルトがすべての始まりでした。

“自分の感性に合うものをじっくり選び、シンプルな生活を楽しむ人に永く愛されるモノを届けたい。”

創業者Andrea Bortolottiの言葉に代表されるこの情熱とモノ作りへの真摯な姿勢が、今も人々の共感を呼び、Daniel&Bobを特別なものにしています。

ここでは定評のある「クラフツマンシップ」「デザイン」「素材開発」を通じてさらにその魅力を深堀りしてご紹介します。


クラフツマンシップ

Daniel&Bobの高い品質は、メゾンブランドが求める厳しい基準で磨かれた高い技術を持ったArtigiano(アルティジャーノ)と呼ばれる職人たちの妥協のない仕事によって支えられています。

そのルーツはDaniel&Bobが生まれた北イタリアの街Ferrara(フェラーラ)で1910年代から稼働していた大きな高級靴工場の職人達だったとされ、Daniel&Bobの創業時点で既に60年以上、この地に根付いていたArtigiano(アルティジャーノ)と呼ばれる革職人、Tecnico(テクニコ)と呼ばれる加工機器の職人達の知識や技が、口コミの広がりでリクエストを多く受けるようになり、手作りのベルトからアイテムを拡げてゆくDaniel&Bob成長の大きな力になりました。

イタリアのトップエンドのモノ作りは職人達が受け継いできた伝統の技と、その技を助ける工作機器のテクノロジー、それ等の機器を使いこなし、更にそうした機器をカスタムして独自の仕様を加えると共に、自らの技をも革新してゆく職人達の絶え間ない探求心、イノベーションに支えられています。

ジルハンドルと呼ばれるDaniel&Bobのブリーフに使われるハンドルはその一例です。一切芯地を使わない3層のレザーを手縫いで仕上げた肉厚のハンドルは握ると手にしっくりとなじむように計算されており、又Costa(コスタ)と呼ばれるエッジ部分は職人たちが満足するまで何度も磨きと塗りを繰り返すことで滑らかに仕上げられ、この触感は握るたびに感じ取れる品質の証です。

Daniel&Bobの代名詞とされる一枚仕立ても同様。
裏地や芯地を使わず、縫製箇所を隠さない一枚仕立てでは素材の種類やパーツの箇所によってその薄さや縫い代を削る幅や角度が細かく設定されるパーツの精密な仕上りがより重要です。

職人たちはパーツの仕上りを確認確しつつ、作業の途中でも機器を細かく微調整する事で、又時には機器そのものをカスタマイズする事でこれを可能にし、あたかも上質なアンコンジャケットの様に、内部まですっきりと見えつつ、素材の特徴を生かした軽やかな仕上がりを可能にしています。

デザイン

独自の洗練されたデザイン―これもまたDaniel&Bobを一躍、本物志向の人に愛されるブランドへと押上げた大きな力といえます。

Daniel&Bobにおけるデザインというのは、クリエィティブでありながら、機能的で使いやすく、飽きのこないシンプルなものだと考えられています。この独創的かつ普遍的な魅力のあるデザインを生み出すために、試行錯誤が幾度も繰り返されます。
デザイナーは工場が見えるアトリエで素材に触れながら発想し鉛筆を走らせ、職人は伝統に裏付けられた技術を背景にしつつも小さな発明やあたらしい提案を加えながらプロトタイプを作り、さらに検討を重ねる中で、アイデアが刺激され、デザインは深化してゆきます。

自由な発想と高いデザイン性、クラフツマンシップの融合が、Daniel&Bobのデザインの本質です。

素材開発

Daniel&BobのあるFerraraは天然原料を使ったベジタブルタニングレザーの聖地ともいわれるフィレンツェ郊外のサンタクローチェ、そして発色や物性に優れたクローム加工に秀でたベニス近くのヴィツエンツァというイタリアを代表するレザーの2大産地から何れも2時間半ほどの中間に位置しています。

両地域のタンナーだけでなく、地域に点在する染工所、プリント、仕上げなど革加工の様々な工場とのつながりから、時には彼らとの共同開発で、時には自ら素材や加工の組み合わせの試行錯誤を何シーズンもかけて繰り返す事で開発される素材達はその多くがエクスクルーシブ素材であるか、自社開発素材であり、Daniel&Bobのもう一つのクリエーションといえます。

RODI(ローディ)

Daniel&Bobを代表する素材、RODI (ローディー)はサンタクローチェ地方ならではの天然素材のみを使って鞣すベジタブルタニング(草木鞣し)と呼ばれる製法で職人たちの手によって作られ、この製法を取り入れた信頼あるタンナーのみが加入を許されるイタリアベジタブルタニング(草木鞣し/染め)協会をリードする協力タンナーとの共同開発により、Daniel&Bobだけが使用する事のできるエクスクルーシブ素材です。

手作業によって時間を掛けて定着させるイレギュラーなシワ加工が施された素材は、更にpinto a mano(ピント・ア・マーノ)と呼ばれるハンドペイントによってその独特の深い味わいと色合いに仕上げられます。

この独特の風合いは更にベジタブルタニングの経年変化により、使い込んで頂くほどに手に馴染み、更に経年変化による色目や艶の変化を十分楽しめる唯一無二のものとして微妙の色の濃淡を楽しんでいただけるT.Moro(テスタ ディ モロ)と呼ばれるダークブラウンが人気ですが、表面の陰影が美しく映えるNero(ネロ)=ブラックや、ネイビーカラーも人気です。その他NewDattero(ニューダッテロ)と呼ばれるミッドブラウンやダークレッドなど魅力的なカラーが数多く展開されています。

永くDaniel&Bobの代表的な素材として展開されてきたこのシリーズでは、多くの名作が生まれました。3wayバッグとして、それまで女性的な持ち方とされてきた肩掛けのワンショルダーという持ち方を大きなサイズでメンズにも提案したJOSHUA(ジョシュア)/JASMINE(ジャスミン)、独特な半月型が美しいボストンバッグのFRANCESCO(フランチェスコ)ビジネスバッグとして安定した人気を誇るLEVIN(レビン)/BAIN(バイン)等のトート、ウェストバッグ型しかなかったボディバッグに縦型で、手持ちも出来る、という革新を起こした縦型ボディバッグのPIPPO(ピッポ)、CULODOROで生まれた4本ハンドルのモチーフと上部の波型のカットを踏襲しつつ、より使い易いフロントポケットや、オーガナイザーの装備で安定した人気のCERCATORE(チェルカトーレ)など、多くの定番モデルが生まれ、今も愛され続けています。

ALCE accopiato(アルチェアコピアート)

Daniel&Bobの代表的な素材として好評のシュリンクレザーALCE(アルチェ)に高級感のあるスウェードを貼り合わせ、ダブルフェース素材としたのが、オリジナル素材のAlce accopiato(アルチェ・アコピアート)です。
Vicenza地域の定評のあるタンナーで作られるこの素材は発色も綺麗で安定しており、柔らかく傷も目立たず毎日気にせず使って頂ける素材です。
そのメンテナンスの容易さから多くのメーカーでも取り扱われるこのシュリンク素材にスウェードを貼り合せる事で、表面の柔らかさを生かしつつ、ハリのある素材感を実現させ、更にスフォデラートという一枚仕立て(*)を取り入れる事で、柔らかいのにコシがあり、そして軽いBAGに仕立てました。

*一枚仕立てはクラシコイタリアのジャケットなどでも人気の製法で、軽さを求める為に、芯地を使わず、裏地で縫い目も隠せない事から、この仕上がりの良さがカジュアルさと上質さを兼ね合わせたクオリティの証とされています。

豊富な色展開と、新たに加わったBi-Colorと呼ばれるツートンカラーのコンビネーションは商品ページからごらんください。

ALCE sports(アルチェスポーツ)

人気のシュリンクレザー、ALCE(アルチェ)素材をシンプルに一枚仕立てしたスポーツラインは、軽くて柔らかなシボ革にリボントリミングを併せた大人らしいカジュアル感と、適度なハリ感による質感が程よいバランスで、様々なスタイルにフィットする新ラインです。
新しいアイテムのチャームと相性のよい外付けのフックがアクセントになり、モダンな印象です。
アイボリーXブラック、グレーXブルー、ブラックXベージュ、ミリタリーXベージュ等コントラストのある配色も魅力です。

ALCE Mimetico(アルチェミメティコ)

ALCE accopiatoシリーズにカモフラージュ柄をプリントしたALCE Mimetico(アルチェ ミメティコ)。
柔らかさとハリを両立させたALCE accopiato(アルチェ アコピアート)素材を高級感のある一枚仕立てで仕上げた人気のシリーズにカモフラージュプリントを載せたシリーズです。
抑えたカモフラージュの色目は落ち着いた大人っぽいダークトーンで、オフタイムだけでなく、様々なシーンにマッチします。

ALICANTE(アリカンテ)

Daniel&Bobが創業時に使っていたクラシックなバケッタレザーを、レシピの改良により、よりしなやかに、深い色目を可能にした素材です。
ナチュラルな革の表面はちょっとしたこすれや、光にも反応するデリケートな素材ですが、愛情を持ってお手入れをして頂く事で、それらの傷や経年変化によって徐々にでてくるおさえた艶は飴色のニュアンスを色に加えながら革に馴染み、味となってゆきます。
伝統的な製法で作られたこのレザーはその堅さから作れるモデルが限られますが、Daniel&Bobではこの素材のハリのある特性を生かし、全てのこの素材のモデルをスフォデラートというライニングを使わない、これもまた伝統的な一枚仕立ての手法を使いつつ、Daniel&Bobらしいモダンでシンプルなデザインに載せる事で、オブジェの様な魅力のあるラインになっています。
ハリのあるバケッタレザーを縫うために開発された特殊ミシンならでの造形や、ベルト工場として磨き上げられたコバ仕上げの美しさが生かされているのもこのラインの特徴です。
内側の各所に至るまでシンプルに仕上げられたその作りは上質で、Daniel&Bobらしいシンプルでいて、モダンなデザインと融合して、持つ度にそのクオリティの高さを実感して頂けます。

WAXY CANVAS(ワクシ―キャンバス)

ワックスの様な鈍い光沢をもつPUコーティングの新素材コットンキャンバスです。
WAXYなルックに違わず撥水性がある上にハリがあり、一枚仕立てで作られています。その軽さは抑えた光沢感と見た目からは想像できない軽さ。
止水ZIPや要所を締めるブラックのレザートリミングの質感とのコンビネーションが新鮮なDaniel&Bobの新しいスポーツラインです。

CLASSIC CANVAS(クラシックキャンバス)

Daniel&Bobと長く取引のあるミラノ近郊の綿工場で織られる厚手の帆布を、クオイオ素材で要所をトリミングしたスポーツラインです。

ALCE accopiato同様ライニングを使わないスフォデラート(スフォデラート)と呼ばれる一枚仕立ての手法でつくられています。
ライニングを使わず、非常に軽く仕上げられたモデル達ですが、ハンドルやコーナー部分等、耐久性の求められる箇所にはしっかりと厚みを取ったCuoio素材が使われており、Daniel&Bobの質感と、軽さが両立されています。

ページトップボタン