この商品をショッピングバッグから削除してもよろしいですか?

Cancel

OK

  1. ブランドについて

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)について

Daniel&Bob (ダニエル&ボブ)は1976年にイタリアのフェラーラで創業したレザーバッグブランド。
当時の世界的なヒッピームーブメントのさなか、仲間の為に作った手作りのベルトがすべての始まりでした。

その後、バッグや革小物へとコレクションは広がり、“ジョシュア”、“ジャスミン”、“クロドーロ サック”とブランドの顔ともいえるベストセラーが誕生し、創業から40年を経た今もなお進化を続けています。

Daniel&Bobの高い品質は、熟練した職人の手による細部に至るまでの丁寧な仕事によって支えられ、年月を重ねるごとに味わいが深まります。

なめしたレザーを職人による手仕事で絞り、染色することで生まれるワイルドな風合いが魅力のレザー“ローディー”を使用したシリーズに加え、2016年にはイタリアの伝統的なベジタブルタンニング製法でなめされたスムースレザー”クオイオ”で作られたバッグが登場しました。

RODI(ローディ)

日本進出時に話題となった定番素材で、サンタクローチェの革職人が、多くの手作業の行程を経て、ダニエル&ボブ社の為だけに作り上げるエクスクルーシブ素材RODI(ローディ)。 通常よりも時間をかけておこなわれる手絞り作業によってのみ得られる独特のシワ感と、伝統的なベジタブルタニング(草木鞣し)と手塗りによって得られる深い色目と艶感は多くのファンを魅了してやみません。

RODI(ローディ)商品はコチラ

CUOIO Classico(クオイオ クラシック)

伝統的な製法で作られたこのレザーはナチュラルな仕上げ故に原皮の傷やシワが商品に残っている場合があり、 又その堅さから作れるモデルが限られ、ナチュラルな革の表面はちょっとしたこすれや、光にも反応するデリケートな素材ですが、 愛情を持ってお手入れをして頂く事で、それらの傷や経年変化によって徐々にでてくるおさえた艶は飴色のニュアンスを色に加えながら革に馴染み、味となってゆきます。

CUOIO Classico(クオイオ クラシック)商品はコチラ

ALCE(アルチェ)

ALCE(アルチェ)と呼ばれるシボ革に贅沢にスウェードを貼り合せたDaniel&Bobのオリジナル素材です。 スウェードを貼り合せる事により、シボ革にも柔らかいシボ革の風合いを残しつつ、しっかりとしたハリが生まれ、構築的なモデルを際立たせます。 伝統的なベジタブルタニングの素材(ALICANT)などに比べて、メンテナンスも簡単で、気遣いなく、Dailyにお使いいただける素材です。豊富な色バリエーションも魅力。

ALCE(アルチェ)商品はコチラ

ALICANTE(アリカンテ)

伝統的なイタリアンレザーの聖地サンタクローチェでも限られたタンナーが加盟を許されるイタリアベジタブルタニング協会に加盟したDaniel&Bobの提携工場で生産されるベジタブルタニング(草木鞣し)素材です。 Cuoioとして括られるベジタン素材の中で、特に素材の柔らかさを出す加工を施した発色の綺麗な素材です。 ベジタン素材故にメンテナンスに注意が必要ですが、こまめに手入れをするほど、美しい経年変化を見せ、艶を増す、革好きな方の為に選ばれた素材です。

ALICANTE(アリカンテ)商品はコチラ

SUEDE(スエード)

ダニエル&ボブのスエードは発色の綺麗な事で知られているトスカーナ地方のスエード専業のタンナーで鞣され、染色されています。 その素材の特徴から完全に色落ちを防ぐ事はできませんが、doppia cintura(ドッピャチントゥーラ)と呼ばれる丁寧な染め方により、発色の美しさはそのままに色落ちを最小限に抑えています。

SUEDE(スエード)商品はコチラ